Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルゴ13 × 外務省 海外安全マニュアル & 連載50周年記念特別展

孤高の超A級スナイパー、ゴルゴ13が外務省の海外渡航安全マニュアルに登場していることは、仕事で海外に行く機会のある方、海外旅行好きな方ならご存じの方も多いと思います。
IMG_20170923_002506.jpg
作者さいとう・たかをさんの協力を得て、今年外務省が海外渡航安全マニュアルを作成しました。
データは外務省海外安全ホームページにあります。
わかりやすく海外での安全対策が書かれています。
このゴルゴマニュアルを読み、たびレジ(旅行日程・滞在先・連絡先などを登録し、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステム)の存在を知った友人もいます。便利な情報も掲載されています。

でも、漫画は紙面で欲しい!という希望が多かったのかどうか?(弊会でも旅情報を会報紙面で読みたいという会員は多いです。)今年7月に羽田空港で配布され、あっという間になくなったそうです。9月のツーリストEXPOジャパンでも配布されてました。
全国の商工会議所などに置いているそうです。在庫がある限り送料を負担すれば入手も可能とのことです。

ラッキーなニュースです。外務省より、当会会員用にいただきましたので、会報を希望する会員には、次号会報送付時に同封します。会報希望の方は、10月15日までにjimu★kaigairyoko.com(スパム対策のため★を@に代えてください) までご連絡お願いします。

ちょうど、今日(10月6日)から11月27日まで、大阪文化館・天保山にて「連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13」が開催しています。
ゴルゴ13展
漫画『ゴルゴ13』は、1968年11月「ビッグコミック」(小学館)にて連載開始し、50年目を迎えるそうです。
11月25日は東京海外旅行研究会11月例会を大阪にて開催しますので、ご興味ある方はついでに立ち寄りも可能です。


40周年記念イベント案内

40年前の今日(10月6日)、第1回東京海外旅行研究会が開催されました。
今年でちょうど40才になりました。
40TH1.jpg
1964年(昭和39年)海外旅行自由化を受け、大阪ユースホステル協会で活動されていた辻井重氏・有藤寿秀氏等により、海外旅行研究会が組織されました。営利団体ではありません。
少ない予算で安く長く旅をする方法、お得な方法等を話し合う、海外旅行を夢見ていた人の集まりでした。そして、ヨーロッパへ行こうとする若者たちに、例会や会報にて行った人たちの情報を提供していました。
それらの情報は、『ヨーロッパユースホステルの旅』、『若い人のためのヨーロッパ旅行』として書籍化され、インターネットのない当時、貴重な情報源でした。

東京では、支部として定期的に集まっていましたが、1977年10月6日、石田収氏・杉本健司氏等により東京海外旅行研究会として独立しました。
どのようにしたら安く旅ができるかの情報交換のため、最低月1回の例会、例会に出席できない人のために会報発行を行ってきました。1990年代インターネット商用化により、メーリングリスト、掲示板、WEBなどにより情報交換もより盛んになりました。
多様な旅の形(パックや個人旅行、貧しい旅から豪華な旅)をお互いに認め合い、お得情報や貴重な現地情報を会員相互で交換する場になっています。

今月10月28日(土)には、目黒で記念例会&パーティを開催します。
来月11月25日(土)には、大阪・阿波座にて記念例会&懇親会を開催します。
会員に限らず、どなたでも参加可能です。旅が大好き、旅した人の話を聞くのが好きな人は、お気軽にご参加ください。

また、10月29日(日) 世界の料理を楽しむ会ではタイ料理ランチを
12月9日(土) 12月例会&大忘年会では大オークション大会を実施予定です。
その他、40周年記念イベント計画中です。続報をお待ちください。
02.jpg


東京記念例会&パーティー〔事前申込制〕
・日 時  10月28日(土)13時~21時
・場 所  目黒中小企業センター5階会議室
・参加費  (例会)一般900円/会員300円(パーティー)一般/会員共3000円
・問合先  協力内容、申込み方法などは、 40shunen★kaigairyoko.com へお願いします。(スパムメール対策のため★を@に変えてお申込みください。)
       ※例会は通常通り、事前申込み不要です。
       ※パーティーは準備の都合上、先着50名まで。事前のお申込みをお願いします。
・プログラム
 13:00 集合・設営
 13:15 発表「若者の今の旅スタイル」旅行サークル~たびっくす~
     たびっくす
 14:20 発表「雲南の料理・音楽」(雲南のきららさん)
 15:25 発表「沖縄移住者から見た世界」(元代表西山守さん)
 17:30 民族衣裳ショー、音楽ショー、各国通貨交換会など。
      じゃんけん大会
      ※じゃんけん大会の賞品として、HIS様より旅行券を頂戴しました。その他景品あり。
   HIS2.gif
  ※パーティ料理は、 世界の料理総合情報サイトe-food青木ゆり子さん)にご提供いただきます。
   コンセプトは「料理と飲み物で世界一周」です。どんな料理&飲み物が登場するかお楽しみに!
     efood1.jpg
  ※旅で余った各国通貨をお持ちください。
  ※じゃんけん大会景品を集めています。ご協力お願いします。

 21:00 終了予定



世界の料理を楽しむ会-タイ料理〔事前申込制〕

・日 時  10月29日(日)12時~15時
・場 所  クルン・サイアム大井町店
・参加費  5000円程度
・申込先   jimu★kaigairyoko.com(スパムメール対策のため★を@に変えてお申込みください。)
・申込締切 10月25日(申込み多数の場合、早くなる場合があります)



大阪記念例会「秋の大阪 旅の大集合!」&食事会〔例会&食事会とも事前申込制〕
・日 時 11月25日(土)14時~19時30分
・場 所  大阪府立江之子島文化芸術創造センター(大阪市内レストランにて二次会予定)
・参加費 一般500円/会員300円(二次会飲食費は別途)
・申込方法 氏名(またはハンドルネーム)、連絡先(メールアドレスなど)、会員/一般の区別、1次会発表の有無、出欠(例:1次会○ 2次会×)のように、それぞれについて参加のご希望をお知らせ下さい。
・申込先 jimu★kaigairyoko.com(スパムメール対策のため★を@に変えてお申込みください。)
・申込締切 11月23日(木)
・プログラム
 14:00 旅の情報交換・旅の発表
 17:00 一次会終了予定
 17:30 二次会
 19:30 終了予定



12月例会&大忘年会〔事前申込制〕
・日 時  12月9日(土)13時~20時
・場 所  目黒中小企業センター2階第一集会室
・参加費  (例会)一般900円/会員300円(大忘年会)一般/会員共3500円程度
・問合先  jimu★kaigairyoko.com へお願いします。(スパムメール対策のため★を@に変えてお申込みください。)
・忘年会申込締切 12月1日 ※例会は通常通り、事前申込み不要です。
・プログラム
 13:00 集合・設営
 13:15 旅の報告・旅情報交換 詳細決定次第WEB、メーリングリスト、会報にてご案内します。
 17:00 一次会終了予定
 17:30 大忘年会
 20:00 終了予定  
   ※ 大オークション大会実施予定
     旅で使ったけどもう使わないもの、旅のお土産、ご自宅の不用品などをご持参ください。

TimeToTravel.gif

【応援告知】岡崎大五さん新刊「腹ペコ騒動記 世界満腹食べ歩き」発行記念イベント

作家の岡崎大五さん『腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き』を出版されます。
記念トークイベント「僕は世界でこんなものを食べてきた。みなさんは、どんなものを食べてきましたか?」が2つ開催されます。
10/20(金) 西荻窪 旅の本屋のまど 岡崎大五トークイベント
10/21(土) 吉祥寺 たびカフェKICHIJOJI 岡崎大五 × 前原利行 トークイベント

岡崎大五さんは、20代を海外で暮らした後、30代から海外旅行添乗員として世界85カ国訪問されました。ご自身の経験を活かした『添乗員騒動記』で人気を博し、文筆業へ。『意外体験!スイス パックツアーを10倍楽しむ法 』『日本の食欲、世界で第何位? 』『笑える!世界の七癖エピソード集』ほか、読めばなるほど、海外でのびっくりエピソードがいっぱいの内容に抱腹絶倒です。
10月10日発刊の『腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き』は、世界各国の美味しい「地元メシ」に焦点を当て、普通だけど美味しい地元メシを介して出会った人々とのエピソードがいっぱいの旅グルメエッセーです。
腹ペコ


10/20(金) 西荻窪 旅の本屋のまど 岡崎大五トークイベント


日時  10月20日(金)19:30~ (19時開場)
会場  旅の本屋のまど店内 (東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階)
参加費 1000円
申込み・問い合わせ 旅の本屋のまど
 お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
主催  旅の本屋のまど
協力  講談社

≪旅の本屋のまど 川田店長より≫
新刊『腹ペコ騒動記~世界満腹食べ歩き』講談社)の発売を記念して、著者で作家の岡崎大五さんをゲストにお迎えして、世界各国の様々な美味しい「地元メシ」についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。「添乗員騒動記」、「添乗員奮戦記」「バンコク危機一髪」など、これまでに国内・海外の旅行記やエッセイの著作が多数ある岡崎さんが今回注目したのは、世界各国の「地元メシ」。本書では、アメリカの「ロブスター」 、タイの「アヒルラーメン」 、スリランカの「カレーパン」 、トルコの「サバサンド」 、イタリアの「レモンピッツァ」 、オランダの「コロッケ」など、岡崎さんが長年、添乗員や旅行者として、世界を旅行する中で食べてきたその国の地元の人が食している普通だけど美味しい「地元メシ」が、食を通して出会った面白い人々とのエピソードを交えながらユーモアに綴られています。長年、世界を駆け巡って旅してきた岡崎さんならではの、食に関する面白いお話が聞けるはずです。岡崎さんのファンの方はもちろん、世界の美味しいグルメや料理に興味のある方はぜひご参加ください!



10/21(土) 吉祥寺 たびカフェKICHIJOJI 岡崎大五 × 前原利行 トークイベント


日時  10月21日(土)19:30 ~ 21:00 (19時開場)
会場  クラワンカ・カフェ (東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F)
参加費 チャージ1000円+ドリンク代600円
申込み e-mail : mahaera@hotmail.com (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
問合せ先 クワランカ・カフェ(月、木曜定休)  TEL 080-5658-3476
主催 クワランカ・カフェ/前原利行

≪主催の前原利行さんより≫
吉祥寺の井の頭公園近くという場所で、その道の達人による海外を歩いた生の情報やエピソードが聞けるトークイベント「たびカフェ」。ご近所にお茶を飲みに来る感覚で来ていただき、気軽なトークに加わっていただければ幸いです。
第9回目は「僕は世界でこんなものを食べてきた。みなさんは、どんなものを食べてきましたか?」。
今回は、20代のほとんどを海外で暮らし、その後人気添乗員として世界を飛び回り、ベストセラー『添乗員騒動記』で作家となった岡崎大五さんをお呼びします。今回の著作は、ファン待望の騒動記第2弾! 講談社さしえ賞伊野孝行氏の50ページに及ぶイラストも必見です。読めば空腹、世界25カ国以上の地元メシと面白い人々が登場する旅グルメエッセーです。世界がいかに「うまい」に溢れているか。ラジオなどでも爆発的な笑いを誘った岡崎大五ならではの、グルメにまつわるアホトークがさく裂します! ホント、この人、世界で(実は日本でも)騒動まみれなのですね、しかも30年以上も。トークショーの後半では、お集まりいただいたみなさんからも、あんなこんなの旅グルメ自慢や失敗談をお聞きしながら、この吉祥寺で、世界のグルメ旅をしてみませんか?

≪岡崎大五さんのプロフィール≫
1962年、愛知県生まれ。文化学院中退後、世界各国を巡る。30歳で帰国し、海外専門のフリー添乗員として活躍。その後、自身の経験を活かして小説や新書を発表、『添乗員騒動記』がベストセラーとなる。
主な著書に『日本の食欲、世界で第何位?』『裏原宿署特命捜査室さくらポリス』『黒い魎』『サバーイ・サバーイ 小説 在チェンマイ日本国総領事館』など。
現在、訪問国数は85ヵ国に達する。

旅行業界に長い、元旅行会社勤務の旅行ライター・編集者の前原利行さんと元添乗員・作家の岡崎大五さんの爆裂トークに期待しています。
サバーイ・サバーイ 小説 在チェンマイ日本国総領事館 日本の食欲、世界で第何位? 笑える! 世界の七癖 エピソード集 添乗員騒動記 添乗員漂流記 添乗員撃沈記 添乗員狂騒記 添乗員奮戦記 世界遺産旅がらす 意外体験!スイス バンコク危機一髪 黒い魎 裏原宿署特命捜査室さくらポリス



【応援告知】10/5(木)織田博子さんトークイベント「女一匹ロシア&シベリア鉄道の旅の魅力」by 旅の本屋のまど

西荻窪にある旅がテーマの書店、旅の本屋 のまどさんのイベント案内です。
10月5日(木)夜イベントは、冬のシベリア鉄道の旅です。
織田博子さんは、「世界家庭料理の旅」をテーマとして、シルクロード、シベリアなど大陸横断をされています。今回は、極寒のシベリア鉄道9000キロを乗り継ぎ、旅された貴重なお話が聞けます。ロシア旅を計画されている方はぜひ!

日時  10月5日(木)19:30~ (19時開場)
会場  旅の本屋のまど店内 (東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階)
参加費 1000円
申込み・問い合わせ 旅の本屋のまど
 お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
主催  旅の本屋のまど
協力  イーストプレス

織田さんは、「女一匹シベリア鉄道の旅」に続き、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」を2017年7月に上梓されました。出会った世界のおばちゃん、おじちゃんや世界の家庭料理など現地の空気感あふれるマンガに爆笑したり、ほっこりしたり、共感したり。おすすめです。
女一匹冬のシベリア鉄道の旅女一匹シベリア鉄道の旅女一匹シルクロード

≪旅の本屋のまど 川田店長より≫
新刊『女一匹冬のシベリア鉄道の旅』(イースト・プレス)の発売を記念して、著者でマンガ家の織田博子さんをお迎えして、ロシア&シベリア鉄道の旅の魅力について、スライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。
前作『女一匹シルクロードの旅』 では、長距離バスを乗り継ぎ、中国は西安から、新疆ウルムチ、カザフスタン、ウズベキスタン、トルコまで、にぎやかなバザール、オアシスの街など様々な民族や言葉、文化、風景がまじりあったシルクロードの旅を紹介した織田さん。
本作では、極東の港ウラジオストクからシベリア鉄道で途中下車を繰り返し、ロシア各地のおいしい家庭料理を食べたり、おばあちゃんアイドルグループに出会ったり、極寒の冬のロシアで不器用だけど愛情深いロシアの人々との交流を通じて体験した
心温まるエピソードがマンガで綴られています。今回のイベントでは、女性である織田さんが一人でシベリア鉄道9000キロを乗り継ぎロシアを旅した際の貴重なお話が聞けるはずです。織田さんのファンの方はもちろん、ロシアが好きな方やシベリア
鉄道の旅に興味のある方はぜひご参加くださいませ!
※当日は、紅茶とピロシキが付きますよ!
※ トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。
※会場にて新刊『女一匹冬のシベリア鉄道の旅』をはじめ織田さんの著作やロシア関連の本を販売します!
※定員になり次第締め切らせていただきます。

≪織田博子さんプロフィール≫
織田博子
食を旅するイラストレーター、マンガ家 織田博子(オダヒロコ)が、世界各国の家庭料理を訪問。
イラストと文章で魅力的な家庭料理の世界を紹介します。マンガ「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹シルクロードの旅」「女一匹シベリア鉄道の旅」好評発売中。
織田さん公式WEBサイト http://www.odahiroko.skr.jp/
織田さんツイッター https://twitter.com/OdaHirokoIllust

9月例会報告

先週末開催の9月例会では春夏旅の発表がありました。
ご参加ありがとうございました。

旅発表は以下のとおりです。
・ポーランド、ハンガリー女性3人旅
 アウシュビッツ博物館は日本人中谷さんガイドが良かった。行かれる方はぜひ。
 ショパン縁の地めぐり。ブダペストの夜景に感激。
・沖縄の旅
 東村・高江ヘリパット建設への10周年目になる住民反対運動を見る。
・北海道・釧路湿原
 国立公園30周年のイベントで盛り上がる釧路市。湿原再生ボランティア体験。
・チベット ラサへの旅
 ラサへは、中国国家旅行局発行のチベット旅行許可証「外国人旅蔵確認函」が必要。ポタラ宮は一見の価値あり。
・メキシコで地震に遭遇
 9月19日、メキシコ中部プエブラ地震発生日にメキシコへ着く。メキシコシティ国際空港も一時閉鎖。行き先変更し苦労した。
・日本海沿岸クルーズの旅
 ダイアモンドプリンセスに乗船し、日本海6日間クルーズを楽しむ。
ラサポタラ宮 ハンガリー国立博物館 ハンガリーシナゴーグ
ポーランド ダイヤモンドプリンセス-2 釧路湿原公園3
東村1 東村サキシマスオウ 東村2 東村3

「思い出の場所」というテーマで座談会を行いました。
トラブルゆえに思い出に残っている旅が多いようです。
トラブルをどう回避したか、トラブルがどうラッキーに転じたか、旅のノウハウを披露していただきました。
・マルセイユの強盗 タクシーから降りるときにバイクでドア直近に付けて鞄をひったくり。
・飛行機乗り遅れ 渋滞に巻き込まれ飛行機に間に合わず、ロンドン行き飛行機が目の前で行ってしまう。ウィーンで合流!友達に会えた喜びと安心でワインが美味。
・メキシコでニセ警官に遭遇。
・トイレ フェアバンクスで-42℃。トイレが使用できなかった。
・飛行機遅延、乗り継ぎ失敗、オーバーブッキングで帰国遅れ など
・世界の絶景 イグアス、ビクトリア、エンジェルフォールの三大滝に感動。イエローナイフでオーロラ鑑賞。パタゴニアのフィヨルドクルーズ、マチュピチュの空中都市遺跡。
・親日国 ベトナムで親切にしてもらう。
・ベトナム戦争中の中国 香港から羅湖(ルオフー)駅まで行ってみた。毛沢東のスローガンがある駅や汽車。
・初めての海外旅行 スイス・ツェルマットに感動。30年前のパリ、地下鉄で迷う。アンカレッジ経由ヨーロッパ行き。
・初めての台湾で大変親切にされ感動、初めての韓国で36年間弾圧されたと罵声を浴びせられ驚き。

publicdomainq-0013298fgj.jpg

来月の例会は、10月28日(土)、40周年記念例会を開催します。
例会後に40周年記念パーティを予定しています。
パーティのコンセプトは「料理と飲み物で世界一周」です。世界の料理総合情報サイトe-food主催の青木ゆり子さんによるお料理を楽しみにしてください。
パーティ参加ご希望の方は、40shunen@kaigairyoko.com までお申込みください(先着50名まで)。

9月例会案内 & 会報発行のお知らせ

今週の土曜日(9月30日)は、東京海外旅行研究会 9月例会です。
目黒中小企業センター2階第一集会室 13時~17時の予定です。
皆様の夏旅報告をお待ちしています。
次のサイトにて旅発表登録をお願いします。→ http://www.kaigairyoko.com/reikai/bbs.php

座談会のテーマは、『思い出に残った場所』です。
直近ではなくて結構ですので、皆様の思い出の旅先、エピソードなど披露ください。
欠席の方はメーリングリストにてエピソードをお送りいただければ、例会にて発表します。
DSC00858small.jpg 飛行機 飛行機 船 シーボーン ホーランド船

発行が遅れていました会報PASSPORTを今週発送しました。
そろそろお手許に届くころです。
旅報告では、アラスカ・クルーズの旅、中国浙江省の旅、世界一周船旅(中南米)、スペインの旅、特急宗谷に乗って宗谷岬へ、ロンドン&バース&コッツウォルズへの旅など。
「本当のガーナチョコレートを作る」プロジェクトのお話とチョコレートレシピも掲載しています。
好評の連載「旅と本と」は、定番のガイドブック以外に鞄にしのばせて持って行きたい読むガイドブックの紹介です。
会報PASSPORT最新号600円にて頒布します。jimu@kaigairyoko.com までお申込みください。
2017年7月号表紙 2017年7月号裏表紙web



【応援告知】9/29-10/4ゴーゴー・インド30年 旅の記憶 蔵前仁一 回顧展

『ゴーゴー・インド』 発刊30周年を迎える2017年、回顧展が開催されます。
期間  2017年9月29日(金)-10月4日(水)
会場  早稲田奉仕園

     住所 東京都新宿区西早稲田2-3-1
     地図 http://www.hoshien.or.jp/images/map/map_150406.jpg
詳細は旅行人のWEBサイトにて http://www.ryokojin.co.jp/


10日間インドを旅したひとりの青年。
帰国後、「インド病」に罹ったことに気づき、仕事をたたみ再びインド・ネパールを歩く長旅に旅立ちます。1年余りの旅暮らしのなかでの旅の光景、旅の出会い、旅の喜怒哀楽、カルチャーショックをイラスト&写真&コラム形式の読みやすいエピソードでまとめたスーパー・イラスト・エッセイ本『ゴーゴー・インド』。
インド一人旅案内の決定版!
パック旅行では味わえない、旅の醍醐味を伝えてくれました。インドを旅したい人のバイブルになり、当時の若者たちにインド旅行ブームを起こしました。
続く、蔵前仁一さんの旅のエッセイや雑誌『旅行人』に触発された旅立った人も多いのではないでしょうか。
ゴーゴーインド 新ゴーゴー・インド
『ゴーゴー・インド』     『新ゴーゴー・インド』
1986年凱風社刊      2001年旅行人刊


「ゴーゴー・インド30年、旅の記憶 蔵前仁一回顧展」では、原画の数々や、世界各地の旅先で収集した数々の品を展示販売。多彩なゲストによるトークイベントも行われます(トークイベントはほとんどキャンセル待ちのようです)。
旅行人166号「特集 インド、さらにその奥へ」が9月29日発刊されるそう。楽しみです。
旅行人166
インド好きな方だけでなく、これから旅に出る方、ひとり旅を計画している方、のぞいてみてはいかがでしょうか。

21209136_1422381734544510_183918667_n.jpg

21245239_1422381741211176_1481023756_n.jpg

【応援告知】9/28(木) 岩瀬幸代さんトークイベント「麗しの島、スリランカを 巡る旅」 by 旅の本屋のまど

いつもお世話になっている旅の本屋のまどさんの9月28日(木)夜イベントは、スリランカです。
インド洋に浮かぶ島国には、数々の美しいビーチと世界遺産の街、紅茶畑の広がる高原地帯、仏教遺跡と寺院、発展の目覚ましい都市コロンボ、癒しのアーユルヴェーダなど、キラキラと魅力が詰まった宝石箱のような国です。
渡航歴44回の旅行ライター岩瀬幸代さんが案内してくださいます。

日時  9月28日(木)19:30~ (19時開場)
会場  旅の本屋のまど店内 (東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階)
参加費 1000円
申込み・問い合わせ 旅の本屋のまど
 お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
主催  旅の本屋のまど
協力  光文社

スリランカ
『アユボワン! スリランカ ゆるり、南の島国へ』 2017/9/8発行(光文社 知恵の森文庫)

≪旅の本屋のまど 川田店長より≫
新刊『アユボワン! スリランカ~ゆるり、南の島国へ』(知恵の森文庫)の発売を記念して、著者でライターの岩瀬幸代さんをゲストにお迎えして、スリランカの旅のしみ方についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。
『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』、『アーユルヴェーダの聖地 スリランカ癒しの旅』など、これまでにスリランカに関する著作が多数ある岩瀬さん。本書では、ここ数年、旅好きの女性の間で注目を集めているスリランカの数々の美しいビーチや世界遺産の街、紅茶畑の広がる高原地帯、仏教遺跡と寺院、発展の目覚ましい都市コロンボ、癒しのアーユルヴェーダなど、見どころ満載のおすすめスポットが紹介されています。2002年以降、スリランカのアーユルヴェーダと出会ったのをきっかけにスリランカに40回以上渡航経験があり、現地では旅行ツアーもコーディネートしている岩瀬さんだけに、貴重なスリランカのお話が聞けるはずです。
岩瀬さんのファンの方はもちろん、スリランカ旅行を計画してる方やアーユルヴェーダに興味のある方ははぜひご参加ください!

※ トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。
※ 会場にて新刊『アユボワン! スリランカ ゆるり、南の島国へ』をはじめ岩瀬さんの著作や南インド、スリランカ関係の本を販売します!
※定員になり次第締め切らせていただきます。

≪岩瀬幸代さんプロフィール≫
海外旅行ライターとして20年以上に渡り、主に雑誌で活躍。その間に40数ヶ国、100回を超える渡航を繰り返す。
スリランカに惚れ込み、通うこと44回。2004年のスマトラ島沖地震の津波で同国が被災した際は、100人の旅行者とボランティアに訪れた「スリランカ応援友情プログラム」で話題を呼んだ。
2007年スリランカ大統領賞(外国人ジャーナリスト部門)受賞。
著書に『緑の島 スリランカのアーユルヴェーダ』(晶文社)、『スリランカで、ほっ。――仏教は心のアーユルヴェーダ』(長崎出版)、監著書に『アーユルヴェーダの聖地 ――スリランカ癒しの旅』(実業之日本社)など。
岩瀬さんブログ http://ayubowan.seesaa.net/
岩瀬さんツイッター https://twitter.com/sachiyoiwase
緑の島 スリランカで、ほっ。―仏教は心のアーユルヴェーダ アーユルヴェーダの聖地 ――スリランカ癒しの旅

8月例会報告

8/30の例会は、旅のやり方についていろんな発表がありました。
英国で大学学生寮に泊まる
バンコクの宝石店街の歩き方
日本百名山(谷川岳、雨飾山、乗鞍岳、薬師岳(立山室堂~上高地)、日光白根山)、青春18のPL計算
中欧の旅・列車で巡る写真紀行、など。

ロンドン学生寮

また島旅イラストエッセイストの松鳥むうさんのゲストハウス愛いっぱいのお話「てくてく島旅ゲストハウスめぐり」も好評でした。
今月は女性会員の参加も多かったです。
愛媛県ゆめしま海道佐島にある古民家ゲストハウス汐見の家のオーナーも駆けつけてくださいました。

昨年から今年にかけて多くのゲストハウス本が発行されています。
7月に発刊された松鳥むうさん著の『日本てくてくゲストハウスめぐり』ダイヤモンド社刊)は他のゲストハウス本と異なり、一切の写真がありません。むうさんが体験し感じた旅の楽しさ&こだわりゲストハウス読本です。
「日本てくてくゲストハウスめぐり」書籍
松鳥むうさん『日本てくてくゲストハウスめぐり』、他の書籍も。

以下は、お話「てくてく島旅ゲストハウスめぐり」 聞き書きです。
ゲストハウスの歴史と変遷、そして2017年のゲストハウスの種類のご紹介。
歴史分類

歴史
 1970年代 ユースホステルブーム
 1980~1990年代 ペンションブーム
 1990年ごろ 沖縄にゲストハウス誕生
 2000年代 京都にゲストハウス誕生 旅人以外も認知され始める
 2011年以降 全国にゲストハウス増加
分類
 1. カフェ、Bar併設
 2. 地域おこし的な存在
 3. 古民家再生
 4. 移住の相談的なコト
 5. リノベ → OPEN前からFanづくり
 6. イベント いろいろ
 7. シェアごはん
 8. 自分の居場所さがし

ゲストハウスとは、バックパッカーご用達の素泊まり宿、相部屋(ドミトリー)が基本です。
素泊まりの格安宿(千円~4千円)ですが、カフェ&バー併設の共有スペースのあるゲストハウスも増えています。
オーナーが料理を提供するだけでなく、みんなで料理を持ち寄ったり、作ったり。宿泊者にシェア飯を強制するわけでもなく、加わりたければ歓迎というのが気楽です。
見ず知らずの人たちが食卓を囲むこと(シェア飯)によって交流できること → 人に出逢う旅ができる楽しみがあります。

最近では古民家再生や移住してゲストハウスを始める方が増えてきて、地域おこしに寄与しています(尾道「あなごのねどこ」)。
何もないところにゲストハウスができると、次々とゲストハウスがOPEN(鎌倉「亀時間」)。
寂れたところにゲストハウスができると人の流れも変わります(姫路「588(ガハハ)ゲストハウス」)。
電話がない、予約は往復はがきのみという究極のリラックス宿(岩手県野田村「苫屋」)。
など、全国各地のゲストハウスの実例紹介とともにたくさん教えていただきました。
楽しいお話をありがとうございました。

松鳥さんの出演情報です。
9/9(土) JFN全国ネット「PLEASEテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!」

10/5(木)19:00~ 「ゲストハウスMADO」トークイベント
https://www.facebook.com/events/1918800705009151/

10/14(土)19:00~ 「南知多ゲストハウスほどほど」トークイベント
http://hodohodo77.blogspot.jp/2017/08/1014-in.html


IMG_6376.jpg IMG_5882.jpg IMG_6273.jpg IMG_8198.jpg

明日(8/27)は8月例会開催@目黒

明日、8月27日(日)午後は、東京海外旅行研究会月例会を開催します。
皆さんの夏旅報告をお待ちしています。
発表ご希望の方は、こちらにて登録お願いします。

15時からは、島旅イラストエッセイストの松鳥むうさんに、『てくてく島旅ゲストハウスめぐり』と題し、日本のゲストハウス事情、楽しい島旅のお話をうかがいます。松鳥さん的ゲストハウスの魅力をたっぷりと語っていただきます。
ラジオ出演、雑誌連載など多数で露出が多い松鳥むうさん、リアルにお話を聞ける貴重な機会です。
ぜひ、お越しください。事前予約不要です。

松鳥むうさんはいっぱい引き出しをお持ちです。初めての女子ひとり旅、持ってく荷物、行き先の決め方、宿の選び方、旅の目的、何を得るか、など質問をどんどんしてください。
初めての女子ひとり旅を考えている方、必見です。

二次会は、目黒駅近くの居酒屋で、松鳥むうさんを囲んで行います。
事前予約不要です。例会会場で参加者数を確認します。

皆様のご参加をお待ちしています。

8月例会プログラム

◆ 日 時  8月27日(日) 13:00~ (12:50開場)
◆ 場 所  目黒中小企業センター 2階 第一集会室 (住所:目黒区目黒二丁目4番36号  電話:03-3711-1135)
◆ 参加費  900円(一般)/300円(会員)

◆ スケジュール
13:00 ~ 14:50頃 旅行報告・旅行情報 発表  「青春18で行く百名山」他。
15:00頃 ~ 16:30頃 講演会 『てくてく島旅ゲストハウスめぐり』 
講師:松鳥むうさん (島旅イラストエッセイスト)
16:40頃 ~ 17:00頃 事務連絡
17:20 ~ 二次会(近くの飲食店で講師と懇親会を行う予定です。)

※例会、二次会では事前の予約不要です。ご参加自由です。例会会場にて二次会参加の有無を確認します。
※当日の進行によって開始時間が前後する可能性があります。事前にご了承ください。
※会場定員に限りがあります。満席の場合、立ち見になりますので、早めにお越しください。

松鳥むう氏のプロフィール
今までに訪れた島は、国内83島。
なんにもないと思われる島ほど、大好き♪
島でおばあちゃん&おじいちゃんと話すのが好き♪
その島の人の日常のくらしに、ちょこっとお邪魔させてもらえる旅が好き♪
毎日、どんなものを食べて、どんな日常で、どんな気もちですごしておられるのかというコトが とても気になる。
(それは、島以外でも、どこの土地でもそうなのだけれど)
看護師免許取得。
食品衛生責任者免許取得。
松鳥むうさん

松鳥むう氏の著書
『日本てくてくゲストハウスめぐり 』(ダイヤモンド・ビッグ社 2017/7/13刊)
『あちこち 島ごはん』(芳文社 2017/7/14刊)
『島旅ひとりっぷ』(小学館)
ちょこ旅シリーズ 『ちょこ旅 京都』『ちょこ旅 沖縄+離島』『ちょこ旅 小笠原&伊豆諸島』『ちょこ旅 瀬戸内』(アスペクト)
ホステリングマガジン(Hostelling Magazine)に連載中。

guesthouse_h1_1.jpg
松鳥むうさん著 新刊『日本てくてくゲストハウスめぐり』(2017/7/13 ダイヤモンド社刊)

Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。