Entries

定年時代 その1

朝日新聞の折り込みの「定年時代」(川崎・横浜版)に会員の稲田さんが紹介されました!30年も続いている会だけに、当会はシニアの会員が多いのです。そうしたこともあり「神奈川県在住の中高年の旅人を紹介してほしい」という依頼が来たのです。記事ではイタリアの話が中心に紹介されていますが、取材の際に、稲田さんはダイビングの話もたくさんされたそうです。(クリックで拡大します)さすがに、中高年向けの冊子でダイビング...

1月例会報告

参加者数は61名。通常例会としては、近年の最高記録を更新しました。静岡や高崎からはるばる参加された方もいらっしゃいました。3名の会員から、ヨルダン、山陰地方(石見銀山、出雲、鳥取)、中国(雲南省)…私の発表が1時間半ほどあり、その後、大内三郎さんの講演。下記に簡単に内容報告しておきます。さすがに、内容すべてを再現するのは難しいので、大内さんご自身のサイト(かなり充実してます)を見ていただければと思い...

アース

『アース』という映画を観てきました。 ↓http://earth.gyao.jp/某所で「ネイチャー・ドキュメンタリー」と紹介されていましたが、まさにそういう映画でした。感想を書くと、「自然の驚異」とか「地球は素晴らしい星だ」とか、陳腐な言葉になってしまいますが、アウトドア派には(それ以外の人達にも)観る価値ある映画です。自分に子供がいたら、絶対に見せたいと思いました。実際、子供は500円で観れます(粋なことをやりますね...

旅の写真を楽しむ会3.0

本日は「旅の写真を楽しむ会@代々木」の3回目でした。前日、当日にキャンセルが数件出ました(風邪が流行しているようです)が、30名強の方々が参加。会を重ねるごとに、平均年齢が下がり、さらに女性率が高まっているように思えます。・京都(桂離宮、街の風景など)・中国(北京、上海、雲南省)・ウズベキスタン、世界の人と建築・イタリア(ローマ、フィレンツェ、ベネチアなど)・クロアチア・世界の動画(グァテマラ、ラオ...

大内三郎さんのこと

 去年7月の例会のことです。前の席に見かけない初老の紳士が座っていました。その方は、例会中に会員の旅行報告で発表者が詰まったりすると助け舟を出したり、途中で鋭いコメントをしたりされます。「この人は何者だろう? 古い会員かもしれないけど、それにしては見かけたことないなー」と不思議に思っていました。最後に初参加の方々の自己紹介タイムがあったのですが、そこで彼の素性が明かされました。お名前は大内三郎さん...

次にブレイクする旅行地

前回の日記の続き。さて、次にブレイクする旅行地は果たしてどこなのでしょう?会の人たちからいろいろ話を聞いてみて、次の3エリアが可能性として高いのではないかと思っています。1.東欧(ロシア含む)2.ミャンマー3.中央アジア1.について。ユーロ高で西ヨーロッパが旅行しにくくなっていますが、東欧諸国はユーロを導入していない国が多く、物価も安く、しかも西ヨーロッパに勝るとも劣らない魅力があります。もっと注...

観光化されることの是非

前々回の日記に書いた通り、年末年始は雲南省の旅に行ってきました。  行きの飛行機で司馬遼太郎の「街道をゆく〈20〉中国・蜀と雲南のみち」(朝日文庫)を読みました。その中に「雲南省」の語源が出てきます。曰く、燐北の四川省がいつも雲に覆われているのに対し、南側の雲南省は常に天気が良い。すなわち、文字通り「雲の南」にあるからだと。たしかに、雲南は天気も良く、暖かくて過ごしやすく、食べ物も日本人の口にあい、と...

Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる