Entries

厳戒令下のマンマ・ミーア!

仕事が早く終わった(といっても21:00前ですが)ので、『マンマ・ミーア!』(映画)を観てきました。http://www.mamma-mia-movie.jp/映画について語る前に・・・いきなり、時は2003年3月19日に遡ります。僕は海外出張でニューヨークにいました。たまたま、ホテルがブロードウェー付近だったこともあり(あくまで「たまたま」であり、意図的にその場所にしたわけではない)、その日の朝、夜の部の『マンマ・ミーア!』の舞台チケットを...

旭山動物園は本当にスゴいのか?

『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』(http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/asahiyamazoo/)チケットが安く入手できたので観に行ってきました。感想としては、「可もなく不可もなく」といったところ。まあ、旭山動物園が舞台で、西田敏行が園長役・・・ というだけで、流れは読めてしまいますが。苦境に負けず、お客さんを集めようと園長と飼育係が試行錯誤するあたりは既定路線ながらもほろっときました。しかし、後半...

ボリビアのゲバラ

 前回、途中で終わってしまったので、その続き。(映画から話題が離れることもありますが、悪しからず)そもそも、「なぜゲバラはボリビアに消えたのか?」というのにも諸説あります。革命の理念を世界で現実化し、圧政に苦しむ貧しい人々を救うため。ゲバラを熱く支持する人はこういう言い方をします。しかし、・ソ連寄りのキューバ政府のやり方に不満があった(そして、ソ連を批判するゲバラに対して、ソ連からの圧力があった)...

偉大なる退屈な映画2 (チェ 39歳別れの手紙)

『チェ 39歳別れの手紙』(http://che.gyao.jp/)。昨日書いた『28歳の革命』の続編、、、というよりは、2つ揃ってひとつの作品というべきかもしれませんが・・・・・・革命に成功し、新キューバ政府の要職にあったゲバラが、有名な「別れの手紙」(下記)を残して失踪。ボリビアで革命戦争を指揮し、政府軍に捕われて処刑されるまでの約1年を描いた作品。実は、この話の下敷きとなっている、ゲバラ自身が書いた『ゲバラ日記』を1年ほど...

偉大なる退屈な映画(チェ28歳の革命)

 遅ればせながらの映画のレビューです。『チェ28歳の革命』(http://che.gyao.jp/)。この作品は、キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラがメキシコでカストロと出会い、一緒にキューバ革命を成し遂げるまでをドキュメンタリー風に描いた作品。戸井十月さんの講演(http://ftravelkaiken.blog17.fc2.com/blog-entry-83.html)で、この映画のエピソードが出てきました。この作品は、『トラフィック』の撮影の際、出演者のベニチオ・デ...

(報告)いま、ここにこうやって行け!~円高・サーチャージ値下げを最大活用する方法~

2月11日(水:祝日)は特別イベント「いま、ここにこうやって行け!~円高・サーチャージ値下げを最大活用する方法~」を開催いたしました。円高、サーチャージ値下げにより、海外旅行はかなり行き時になっているのではないか・・・ということで、急きょ企画。定員30名はすぐに埋まりました。キャンセルもあり、参加者は28名。今回は、四谷ひろば(http://www.yotsuya-hiroba.jp/index1.html)をはじめて使用。廃校になった小学校...

(2月例会報告)フォトジャーナリストが見た東アジアの現在(いま)ほか

本日2月8日(日)は2月例会でした。例会が39名参加交流会が22名参加2次会が12名参加[例会]○旅行報告・旅行情報発表 ・中国(開平、珠海、マカオ)・ギリシア(アトス)・クロアチア・イタリア・スイス・1/31開催の関西例会の報告○フォトトーク「フォトジャーナリストが見た東アジアの現在(いま)」講師:吉川忠行さん(フォトジャーナリスト) ・オリンピック開催まっただ中の北京・上海・天津・警戒態勢下のチベット・開城(ケソ...

海外旅行検定(世界一周クイズ1,2)

「海外旅行検定(世界一周クイズ1,2)」を作成しました。2008年忘年会(12/13)で実施した世界一周クイズ(全20問)をそのまま出題してます。それぞれ、全10問、6問正解で合格です!ちなみに、忘年会での平均点は10.3点(/20問)、最高得点は15点(/20問)。クイズ参加者数は39名。例会・イベントに出席or会報・公式サイトを熟読していれば合格点がとれる内容になっています。挑戦してみてください!解説も付いていますので、間...

オバマ大統領就任演説の英語

オバマ大統領就任式からすでに10日以上経ってしまいましたが。リアルタイムで就任演説は聞けなかったのですが、NHK BSが再放送していたので、録画して何度か見、英語の全文も読んでみました。1.英語の勉強2.演説内容自体に興味があったという2つの理由からです。1.大統領演説は、アメリカ全国民(そして全世界)に向けて発せられる、最も影響力の強い言葉であると言ってよく、勢いその言葉もかなり練られたものになっている...

Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる