Entries

2010年 総括

明日からラオスに行ってきます。やや早いですが、1年間を総括しておきます。2010年は、新年早々に親戚のおばさん(血は繋がっていない)亡くなり、旅仲間が山で遭難して亡くなり、会員の方が亡くなり……と訃報続きで悲しいことが多かった年でした。写真展を開催させてもらったり、いろいろとお世話になった、西荻の「旅茶箱」もなくなってしまいました。個人的な感覚ですが、何となく一つの時代が終わった感じがします。一方、羽田...

年賀状残酷物語

やっと年賀状の送付が終わりました。このサークルの運営に携わっていると、旅行関係の人脈が増えます。昨年と比べると、今年は新たに知り合った人はちょっと少なかった感じもしますが…それでも南極観測隊の橋本さん、ルポライターの近藤さん、奈良の旅行写真家の三田さんなど、新たに面識ができた方もありました。来年1年間は、講演会のネタに不自由することはないと思います。個人的には、年賀状の伝統はなくなってしまってもい...

オススメの旅本(参加者の皆さん)

今回は、参加者の方々のオススメ本です!<メジャーな旅本>・「何でも見てやろう」(小田実)・「深夜特急」(沢木耕太郎)・藤原新也の諸作品・蔵前仁一の諸作品・下川裕治の諸作品この辺は定番ですね。最近はこのようなメジャーな旅本はなくなっていますね。川田店長によると、旅行スタイルや旅行のコミュニティが細分化されているので、「旅人のバイブル」みたいな本は生まれにくくなっているそうです。誰でも海外旅行でき、PC...

オススメの旅本(のまど店長&近藤さん)

近藤さんの講演会では、プレイベントとして西荻の旅専門書店「のまど」の川田店長をお招きして、「書を読んで旅に出よう~私のオススメの旅本~」という座談会をやりました。旅専門の書店は、欧米にはたくさんあるそうですが、日本には2軒しかないそうです。細分化、専門化の進む日本社会でこうした現象はちょっと不思議ですね…川田さんは「旅が好き」「本が好き」ということで、旅専門の本屋を経営されています。なかなか素敵な...

(報告)旅の本座談会&近藤さん講演会

講演会、無事に終了しました。参加者数は37名で、補助椅子ひとつ出して、何とか全員お座りいただくことができました。なんと、わざわざ大阪から参加された方も!プレイベントとして、旅の本屋「のまど」の店主にお越しいただいて、「書を読んで、旅に出よう!~私のオススメの旅本~」という座談会を開催しました。http://www.nomad-books.co.jp/近藤さんにもご参加いただいて、オススメの旅本の情報交換しました。人それぞれい...

週刊ダイヤモンドで会員の方が紹介されました

報告遅れてすみません。すでにバックナンバーとなってしまいましたが、「週刊ダイヤモンド」12月11日号特集「老後を楽しむための 「お金」入門」に会員の方4名が紹介されています。記事の中には、当会の会員であるという記述はありませんが、全員が会員さんです。退職後にお金を有効に使って、優雅に(?)旅をする方法がいろいろと紹介されています。  *クリックすると拡大します*当画像は、ダイヤモンド社さんの利用許諾を...

旅で人は変わるのか?

例会の司会をしていて、講演会で、講師の方からたまにハッとするような名言を聞くことがあります。日曜日の例会で、参加者の方から「旅に出て、ご自身がどのように変わりましたか?」という質問に対して、いわもとさんが以下のように答えていました。変わったと思うけど、友達からは「より、のりこらしくなったね」と言われました。旅をすると余計なものをそぎ落としていくので、より自分らしくなっていくように思います。多少、言...

旅に出よう―世界にはいろんな生き方があふれてる

日曜日は近藤さんの講演会です!ということで(?)、近藤さんのもう一冊の著書をレビューしたいと思います。こちらは、「岩波ジュニア新書」の中の一冊。岩波ジュニア新書は高校生の頃、たくさん読みました。高校卒業直前には、もう図書館で本を借りれなくなると思って、一日2冊借りて読んでましたからね……大学には、もっと大きな図書館あることが、その頃の自分の頭の中にはなかったんでしょうか?…?…岩波ジュニア新書は、専門...

(報告)12月例会&忘年会

今年最後の例会、無事終了しました。参加者数は、講師のいわもとさんを含めて、なんと90名!補助椅子を出しても収まらず、立ち見で入口まで人であふれかえってしまいました。3年前の30周年例会に続く動員数でした。 しかも、新規入会者が5名!さらに、短時間でしたが、過去に2回講演していただいた坪井伸吾さんにお越しいただき、ブラジルの日系農場で働いた体験を語っていただきました。●旅行報告・旅行情報発表 <アジア>・ウズ...

旅人忘年会

会の公式活動ではありませんが、旅仲間が忘年会を開催して下さいました!場所は、新大久保の「チンギス・ハン」。約20名が参加。鹿児島から飛行機で駆けつけてくださった方もいました。ここは、相変わらずのノリでした。店主やモンゴル人のお客さんがモンゴルの歌を歌ったり、お客同士でモンゴル相撲大会をやったり、お酒の回し飲みをやったり・・・大きな羊肉も出てきました。サプライズで私の誕生日ケーキも用意知れました。(12...

ノルウェイ産の木材(下)

これまでのあらすじ。「Norwegian Wood」は「ノルウェイ産の木材」という意味であり、「ノルウェイの森」は誤訳である。完璧な翻訳などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。「ノルウェイ産の木材」は「ノルウェイの森」の対極としてではなく、その一部として存在している。さて、映画の話。トラン・アン・ユン。この名前を聞いてピンとくる人はあまり多くないと思います。少なくとも、村上春樹ときいてピン...

ノルウェイ産の木材(上)

映画『ノルウェイの森』今週末から公開。CMもかなり流れてますね。私はハルキスト(=村上春樹ファン)ではない(といいつ、ほぼ全作品読んでいる)し、『ノル森』(最近はこう略されるらしい)も春樹作品の中で傑作と言えないと思うし、個人的にもそれほど好きな作品ではありません。村上春樹作品は、現実と非現実の間で成立しているもので、『ノルウェイ…』のような「リアリズム」の作品として出されると、逆に、会話や物語の...

旅仲間の「旅立ち」

みなさん、誕生日のメッセージありがとうございました。私は、誕生日も残業で、昼夜弁当で済ませてしまいました(苦笑)。年末も近づき、「喪中につき新年の挨拶をご遠慮いたします」というハガキが何通も届いています。今年いただいた「喪中」のハガキを集めると6通もありました。(その中の一通は親戚の叔母さんだったりします)そして、先週になるのですが、会員の方の訃報の連絡が来ました。例会にも何度か参加され、面識ある...

2人で京都紅葉の旅 ~ただし2人ともアラフォー独身男~

「大阪 旅の大集合!」の翌日(11/28)は、大阪で泊めてくれた友人と2人で京都に行ってきました。不思議なことですが、女2人で旅するのは普通なのに、男2人で旅することに対しては、日本では奇異な目で見られがちですね。海外では、男友達同士(ホモでない)が、普通に手をつないで歩いていたりする国もあるのですが…同世代の友人と2人で京都に行ったりすると、「俺たちこの歳になって、何でこんなことしてるんだろうなー」みたい...

(報告)大阪 旅の大集合! 秋の大収穫祭

ご報告が遅くなりましたが、11月27日(土)は「大阪 旅の大集合! 秋の大収穫祭」でした。このイベントは2007年に始まり、今回が4回目。エル・おおさか(大阪府立労働センター)という初めての会場を利用しました。開始時は17名の参加でしたが、徐々に増えて30名近くの方が参加されました。会員のみなさんがお菓子を持ち寄って下さいました!まずは、4名ずつチームに分かれてクイズ大会。10問で100点満点の問題でした。最高点は85...

Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる