FC2ブログ

Entries

(報告)蔵前仁一講演会「インドの源流を求めて」

蔵前さん講演会、ぶじ終了です!

当会に蔵前さんまで来ていただけるようになるとは、感慨深いものがあります。

今回のテーマは、『インドの源流を求めて~先住民アートから探るインド文化~』

蔵前さんの新刊『わけいっても、わけいっても、インド』の内容に沿ってお話しいただきました!
20090807141348.jpg


参加者数は57名
R010249.jpg

蔵前さんが民族画に興味をお持ちになるきっかけにはじまり、先住民絵画を巡るインド取材の旅の全容を、地図と写真とともに紹介していただきました。
R010241.jpg


普通の旅人は行かない、辺境の村や町。
その中にひっそりとたたずんでいる、先住民の絵画の数々。
R010217.jpg

その絵画の中には、ヒンドゥー教以前の文化が記されていたりします。

先住民アートはとてもかわいらしいものが多く、女性の参加者にもとても評判が良かったですよ。

大半の画家は、絵画だけでは食べていけないそうで、別の仕事を生業としながら、田舎でつつましく生活しているそうです。

美術館に頼まれて、50ルピーの報酬で絵画を描き、美術館に納入して終わり。

でも、彼らにとって絵画は、商売のためよりは、お祝い事のため、収穫を祝って。生活に彩りを加えるため・・・に描くというのが主流のようですね。
われわれ日本人、というか「先進」地域とか芸術に対する感覚が違うようです。
R010227.jpg

あと、面白かったのは、地方に行くとインド人がすごく親切にして面倒を見てくれた、という話です。
私は、インドは観光地(デリー、アグラー、ヴァナラシ、ムンバイ、エローラ、アジャンタ)しか行っていないので、インド人は「人をだます性格の悪い人」というイメージがありました。
そうでない人もいる・・・
いや、そうでない人たちが大多数なんでしょうね。
自分がインドのごく一部しか見ていないことを実感。

講演終了後はQ&Aの時間。

「観光地ではない、マイナーなところを旅するには、自分のテーマを持つことが大切」というメッセージをいただいて講演会は終了。

二次会は会場近くの中華料理屋、『北京カニビン』で。

蔵前さん、蔵前さんの奥様を含む、31名が参加。

R010275.jpg

このお店は安くて美味しいですよ!

お腹一杯飲み食いして、3000円ちょっと。

写真は、看板メニューの北京カニビン
R010271.jpg

蔵前さんの著作にサイン&イラストを描いていただきました。

R010282.jpg

蔵前さんご夫妻、参加者のみなさん、運営スタッフのみなさん。
どうもありがとうございました!
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる