FC2ブログ

Entries

21世紀・人は旅行に何を求めるか

「21世紀・人は旅行に何を求めるか」

【講師】 財団法人日本交通公社 観光文化事業部 主任研究員 黒須 宏志 先生


というセミナーに行ってきました。

こちらは、メディア開発綜研というシンクタンクが主催されているセミナー。
メディア開発綜研さんには、以前仕事で大変お世話になったのですが、私が部署異動して以来、しばらくご無沙汰していました。

現在の私の仕事は、旅行とは関係ないのですが、興味があったので参加しました。

われわれの会は、旅の技術や現地の情報交換はしますが、旅行産業・観光産業を研究したり、旅行者のトレンドを分析したりはしていません。

とはいえ、「一旅行者として」語り合う中で、変化を実感することは多々あります。

今回、調査・研究の報告を聞いてみて、改めて時代変化の背景にあるものが、実証的に理解できた感じがします。

講師の黒須氏によると現地の人に溶け込む旅行スタイルが最近のトレンドだそうです。

国内旅行で言うと、京都や八重山への旅人に象徴される、メジャー観光スポット以外のところを楽しむリピーターの存在。
海外旅行でも、ヨーロッパのマイナーな地方都市を回ったり、北極点まで行くツアーなど、テーマ性を持ったものが静かなブームだそうです。

そんな話の中で、マスツーリズムを見直し、本来の旅の多様性を取り戻す過程に入っているのではないか?
という提言がありました。

こういうことは、以前から言われていたとは思いますが、改めて旅行者のデータやトレンドを見ながら話を聞いていると、そのことが真に実感できました。

トレンドを語るとき、「価値の多様化」みたいなことは、耳にタコができるくらい聞かされる常套句ですが・・・
本来、旅というのは多様なのが当たり前であって、それが、近年までマスツーリズムによって押さえ込まれていたのですね。

そういう意味で、最近の旅行のトレンドは好ましいものであり、本来の姿でもあると思われます。

長くなるので、本日はこの辺で。
続きはまた書きます。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる