FC2ブログ

Entries

ノルウェイ産の木材(上)

映画『ノルウェイの森』今週末から公開。
CMもかなり流れてますね。

movie.jpg


私はハルキスト(=村上春樹ファン)ではない(といいつ、ほぼ全作品読んでいる)し、
『ノル森』(最近はこう略されるらしい)も春樹作品の中で傑作と言えないと思うし、個人的にもそれほど好きな作品ではありません。

村上春樹作品は、現実と非現実の間で成立しているもので、『ノルウェイ…』のような「リアリズム」の作品として出されると、逆に、会話や物語の進行に不自然さを感じてしまいます。

「あんな受け身な態度で、あんなに簡単にセックスできるわけがない」

というのは、友人(イケメン)の『ノルウェイの森』のヒトコト感想。

私としても、本作の感想を一言でまとめろ と言われると、これが一番ピッタリな感じがします(!?)。

本書がベストセラーになったのは、高校生の頃。
(歳がばれるなー)
当時はひねくれていた私は「ベストセラーは読まない!」……ということで、読みませんでした。
(いまもそうだけど……)
7,8年くらい前にはじめて読んだ次第。
book.jpg

高校生の頃の話で覚えているのは、たしか『図書』(岩波書店のPR冊子)を読んでいて、

「ノルウェイの森」は誤訳である

という記述を見つけたことです。

作品のタイトルの元となったビートルズの「Norwegian Wood」は、
正確には「ノルウェイ産の木材」という意味だとか…
「ノルウェイの森」を意味させようとすれば「Norwegian Woods」と複数形にすべきである。
beatles.jpg

歌詞の意味するところは、

 女の子をナンパして(あるいはナンパされて)
 彼女の家に行ったら
 ノルウェイ産の木材の家具があって…

みたいなことらしい。

しかも、「ノルウェイ産の木材」は安物イメージが強いそうでです。
英国的に言えば「労働者階級的」というところ。
たしかに、それに続く歌詞の中では「好きな所に座ってよ。でも、椅子は一つもなかった」となっています。
決して「ノルウェイの森のような素敵な部屋で・・・」ということではないようです。

これを現代の日本に置き換えると、

 居酒屋でナンパした若いお姉ちゃんの四畳半のアパートに転がり込んだ。
 中国産の家具に囲まれた椅子もない部屋で、僕は彼女との×××に胸と下半身を膨らませ・・・

ということになるでしょう。

本当はそんなふうに簡単に片付けてしまえるほど、
単純なことではないのかもしれない。
ナンパした場所がかならずしも居酒屋である必要はないかもしれないし、
彼女の自宅が四畳半アパートである必然性さえもないのかもしれない。
それどころか、家具が中国産である必要さえないかもしれない。
しかし、ひとつの例えとしては、まさそういうことなのだ。
 (村上春樹風)

 
女の子を連れて映画を観に行く予定の男性諸君!

映画の後、ジャズのかかる洒落たレストランでワインのグラスを傾けながら、
上記のようなことを女の子に熱く語ってみてはいかがでしょうか?

そして、「でも、僕は『ノルウェイ産の木材』は『ノルウェイの森』の対極としてではなく、その一部として存在しているように思うんだよね。そういうところが、村上春樹の世界観だと思わない?」

という風に続けてみてはいかが?

きっと、女の子に尊敬されるでしょう!

・・・・・・

なんてことはなく、きっとウザがられるに違いありません。

試してみてはいかが?

僕はやらないけどね。

(下)映画編 に続く。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる