FC2ブログ

Entries

牛タンから見てくる世界

前回の続き。

仙台と言えば?

牛タン(!?)

実際、仙台にはおみやげ物屋では牛タンを売っているし、市内には牛タン焼き屋がたくさんあり、牛タンが仙台名物であることは紛れもない事実のようです。

牛タンラーメンの看板まで・・・
RIMG0150.jpg

牛タンをラーメンに入れるなんてもったいないし、そもそも美味しいのだろうか?

しかし、「どうして牛タンが仙台名物なわけ?」と思います。
(これまでの日記でもお分かりの通り、僕はこういう細かいことがいちいち気になる性格なのです)

青森りんご、松坂牛、浜松のうなぎ、新潟のコシヒカリ&日本酒などは、産地なのだから良く分かります。

しかし、仙台の牛タンの大半はアメリカからの輸入物で、現地で肉牛が畜産されているわけではありません。

では、なぜ牛タンは仙台名物なのか?

終戦直後、焼き鳥屋「味 太助」の店主である佐野啓四郎氏が、フランス人のシェフからシチューなどに使う牛タンの味を教わり、新たな食材として着目、調理法試行錯誤の末、牛タン焼き屋を開店。それをきっかけに広がり、牛タンの店もたくさんオープンし、仙台名物となった(→http://www.aji-tasuke.co.jp/rekisi.html)。

本家の「太助」は東京にも支店があり、実際に汐留店には何度か行ったことがあります。
他には、「ねぎし」(こちらは仙台が本店ではないようですが)にも行ったことがあります。
「たしかにおいしいけど、普通の牛肉より高いし、とりたてて絶賛するほどのことでもない」というのが、僕の牛タン焼きに対する評価でした。

さて、インターネットで調べると、仙台では本家の「太助」よりも「利久」の方がおいしいという情報がありました。そこで、「利久」(仙台駅西口店)に行ってみました。
http://www.rikyu-gyutan.co.jp/

RIMG0148.jpg


牛タン定食は「太助」「ねぎし」と同じく、牛タン焼き、麦飯、テールスープ、漬物という組合せ。
値段は1,575円(税込)
ランチはもっと安いです(たしか1,200円)。
RIMG0149.jpg

さて、お味のほうは・・・
一口食べて「うまい!」と思いました。
「名物に旨いものなし」という名言(?)がありますが、少なくともこの店に関しては当てはまらないと思いました。
本店同士の比較でないので正確なことは言えませんが、少なくとも汐留の「太助」と比べる限りでは、「利久」の方が断然美味です。

さて、お隣の岩手県の盛岡名物である冷麺も牛タン焼きと同じような起源を持つようです。

盛岡出身の女の子に「どうして盛岡は冷麺が名物なの?」と聞いたら、「盛岡が38度線上にあるからじゃないかなー」とよく分からない返事がきたのですが・・・

冷麺のルーツである朝鮮半島北部(現・北朝鮮)の咸興生まれの青木輝人が、1954年(昭和29年)5月に盛岡市で「食道園」を開業し、店で出したのが最初。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E9%BA%BA

というわけです。

個人の努力が名物を作ったわけです。

海外に目を移すと、ベネチアングラスも、ベネチアで原材料が産出されたわけでもなく、ガラス工芸の技術があったわけでもないそうです。
貿易による強力な経済力に裏打ちされた産業保護政策により、伝統工芸(?)として発展したそうです。

学生時代に長浜(滋賀県)を旅した際に、散歩していて、たまたま黒壁の趣のある一角に迷い込みました。
黒漆喰の和風建築の趣と、展示されているガラス工芸に感動しましたが、実はそこは「黒壁スクエア」と呼ばれる名所だったのです。
これも、元々は取り壊し寸前の黒壁の銀行(第百三十銀行)を救うために、1988年に立ち上げられた第三セクターの努力によって築かれたものでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%A3%81%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%A2

名物、名所、伝統工芸は、歴史の中で時間をかけて徐々に形成されるものだと思いがちですが、才覚と経営努力によって意外に短期間で作ることもできるかもしれない、、、
とも思います。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる