FC2ブログ

Entries

(6月例会報告)女ひとりバイク世界一周旅~1191日13万5千キロの軌跡~

6月14日(土)開催(@四谷地域センター)の例会報告です。

参加者数55名
4か月連続で参加者数50人突破です!
今回も立ち見が出てしまいました(立ち見になってしまった方すみません)。

以下に内容報告しておきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
=========================
旅行報告・旅の情報発表
=========================


・バンコクのランチビュッフェ巡り
 →次号の会報に掲載(?)

・オーストラリア4日間弾丸旅行
 →次号の会報に掲載(?)

・両替について ~余った現地通貨を両替する方法/お得な両替術~
 -ラスベガスで世界の通貨がドルに両替可能/パキスタンは世界の通貨がパキスタンルピーに換金可能
 -ドルは日本で替えるのがよい(特にチケットショップで替えるのがお得)
 -シティバンクでドル貯金をして、現地でキャッシュカードで下してもよい
 -その他通貨は、一般にクレジットカードでキャッシングして、帰国したらすぐに返金するのが最もお得。

・インド東北部 ~雲の国メガラヤの旅~
  →次号の会報に掲載(?)

=========================
講演会「女ひとりバイク世界一周旅~1191日13万5千キロの軌跡~」(浦野由紀子)
=========================


urano01.jpg

・旅のルート
 -2002年~2005年にかけて世界一周。最初は2年間の予定だった。
バイクをカナダへ送り、旅行開始。
北米を3カ月旅し、南米を下る。
南米が楽しくて8か月も滞在してしまった。
ヨーロッパへと飛んでアフリカを南下。途中バックパックで旅する。
ヨーロッパへ戻ってヨーロッパをツーリング。特に、ノルウェーなど、北欧の風景には感動した。
ロシアを約3カ月走り、モンゴルを横断。ウラジオストークから船で帰国するつもりが、予算に余裕があったので韓国まで下り、韓国から帰国。
 バイク旅行というとひたすら走っているというイメージもあるかもしれないが、意外にそうでもなく、途中で滞在したり、観光したりしていることも多い。

・宿泊
 -旅の予算は約500万円。バイク旅行は、ガソリン代は節約できないが、宿泊代は節約できる。人のいないところまでテントを張ればいい。また、旅先で知り合った人が泊めてくれたりもした。ホテルに泊まったこともあるが、すべて安宿だった。

・動物関連の安全
野宿をしていても、一番怖い動物は人間だと思う。人がいないところでテントを張る。
動物というとアフリカが危険というイメージがあるが、必ずしもそうとは言えない。ベルギーで動物園からヒョウが逃げ出し、ちょうどその辺に野宿していたこともあった。
犬が怖い。特に、南米の犬は凶暴。撃退対策もいろいろあるが、万能のものはない。

・その他 安全対策
 バイクの旅は、自分の足があり、いつでも逃げられるから、意外に安全。
 緊張して気を付けていたせいか、3年半の旅で本当に危ない思いをしたことはなかった。バックパッカーだと、現地で知り合った人の家に泊めてもらうのは危ないが、現地で知り合ったライダーの家に泊めてもらう分には、それほど危ないことない。いざとなったら逃げられる。
 帰国した後、兄が在住しているフィリピンを訪ねたが、現地で知り合ったおばさん4人組に睡眠薬を飲まされて東南にあった。世界一周して何も起こらなかったのに、フィリピンでそんな目に会ったのは、気が緩んでいたからだろう。
urano02.jpg


・コミュニケーション
 言葉も大切だが、言葉以外のところもとても重要。現地でいろいろな人と交流して、その人たちの助けがあったからスムーズに旅することができた。

・道路事情
 走って楽しかったのは、北欧と南米。アフリカ(特にマリ)は悪路で大変だった。ミシュランの道路ガイドは正確で有用。サハラ砂漠では水の補給もなしで500キロ走り続けたことも。また、ロシアは国土が広く、観光地はそれほど多くないので、ひたすら走り続けた。

・写真紹介
 現地で撮影した一通り写真を紹介。
デジカメとフィルムカメラの両方を持って行った。単三電池を使用できるものを持って行くとよいが、最近対応しているものは少ない。バイクのバッテリから電源を取れるようにしておくとよい。デジカメ撮影した写真は現地のDTPショップやネットカフェでCD-Rに焼いて日本に送ったが、アルゼンチンから送ったものは届かなかった。

・次の旅行
 次の月曜日(6月16日)に2回目の世界一周に出発する予定。最初に世界一周したときは、もう一回やるとは思わなかったが、思い返すと、前回の旅は次回にもう一度行きたいところと、今度行きたいとこを探す旅だったといえる。次回は、前回行って楽しかった南米、まだ行っていないアフリカの国やイランなどをめぐる予定。期間は2年を予定している。

その後の交流会(2次会)は23名が参加。

さらに3次会は、随園別館(北京料理)にて。こちらも23名が参加。

urano03.jpg


以上
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる