FC2ブログ

Entries

厳戒令下のマンマ・ミーア!

仕事が早く終わった(といっても21:00前ですが)ので、『マンマ・ミーア!』(映画)を観てきました。
http://www.mamma-mia-movie.jp/
e0064545_21381555.jpg

映画について語る前に・・・
いきなり、時は2003年3月19日に遡ります。
僕は海外出張でニューヨークにいました。
たまたま、ホテルがブロードウェー付近だったこともあり(あくまで「たまたま」であり、意図的にその場所にしたわけではない)、その日の朝、夜の部の『マンマ・ミーア!』の舞台チケットを買いました。

ちょうど『マンマ・ミーア!』が旬だった時期で、街の至るところに看板が出ていました。
DSCF0030.jpg

ところが、その日・・・ イラク戦争開戦。

まさに、マンマ・ミーア! という感じでしたね。

会社の先輩から電話がかかってきて、「テロの恐れがあるから、人が集まるところには行かないように」という指示を受けました。

仕事が終わった後はおとなしく・・・・・・

ミュージカルを観て、その後はホテルに帰ることにしました。

劇場は満員。
戦争勃発を尻目に、舞台は盛り上がっていました。

しかし、予備知識が全くなかった上に、英語力が未熟だったせいで、ディテールが良く分からず。

最初は、若い男女の結婚話だと思っていたのが・・・
父親候補の男が3人あらわれ、(お母さんも含む)おばさんたちが元気に歌って踊り・・・
主人公だと思っていた娘の方は、いつの間にか、後退してしまっていました。
結局、お母さんが父親候補の一人とくっつき・・・

結局オチはどうだったのか(誰が父親なのか?)が、よく分からないまま終了してしまいました。

ABBAの音楽はあまり聴いてなかったにもかかわらず、なぜか大半の曲を知っていました。
音楽と舞台の雰囲気を味わうだけでもそれなりに楽しかったのですが・・・ どうしても消化不良の感は否めず。

翌日はカンファレンスでマイアミに行く予定だったのが、戦争で中止。

ニューヨークに足止めを食らった僕は・・・

『オペラ座の怪人』を観に行くことにしました。

こっちの方は、元々ストーリーを知っていたし、以前から好きだったこともあり、大感動。
『マンマ・ミーア!』の印象は薄れてしまいました。

そして、2009年2月。映画版が日本上映。
これをきっかけに「特別観たいわけでもないけど、ちゃんとストーリーを把握しておかないと気持ち悪い」という思いが復活し、観に行くことにした次第。
思えば、意味不明状態を6年間も持ち越してしまったわけですが・・・

さて、映画の方は・・・
「いかにもアメリカ人らしい、能天気な話だなー」と思いつつ、十分に楽しめました。
ABBAの音楽が、この作品のために書き下ろされたかのようにピッタリとはまっています(一部、歌詞は作品向けに書き換えられているそうですが)。
ギリシアの島の空と海を見るだけでハッピーな気持ちにさせてくれるので、能天気さはぜんぜん許せる・・・・・・ というか、むしろ舞台にふさわしくて好ましい。

日本で同じストーリーで映画撮ったら、もっと湿っぽい話になるんだろうな・・・・・・
と思いました。
真面目に考えると、それほど明るい話ではないはず。

それにしても、『マンマ・ミーア!』のタイミングって、いつも微妙だなあ・・・・・・
(映画がアメリカで上映されたのは昨年の夏ですから、その時点ではアメリカはまだ深刻な状況ではなかったのですが)

そんなわけで(?)、母親役のメリルストリ-プが、夕暮れ時、崖の上の教会(娘が結婚式を挙げることになっている)への道で元恋人(娘の父親候補の1人)を前にして歌う、“The Winner Takes It All”の歌詞が妙に心に残ってしまった次第。

The winner takes it all
The loser has to fall
Its simple and its plain
Why should I complain…


こういう状況だから・・・ というよりは、僕自身の性格がヒネているためかもしれませんが、、、
どうも、制作者が意図していない(と思われる)ところに引っかかってしまいます。

締めくくりに変えて、僕の好きなエピソードをひとつ。

ときは第二次世界大戦のまっただ中。
日本の映画人(軍の上層部という説もあり)が『風と共に去りぬ』を観て、「こんなすごい映画を作る国と戦争して勝てるはずがない」と思った。

このエピソード自体が事実かどうかは定かではないし、単なる1エピソードを一般化するのもよくないとは思いますが、「日本はアメリカの『余裕』に負けた」というのは、健全な考え方かもな・・・ とも思います。

こういう時期だからこそ、精神的な余裕を持っていることが大切なんだよなー
と、映画の本筋とはあまり関係ないことながら、思ってしまった次第。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

東京海外旅行研究会

Author:東京海外旅行研究会
東京海外旅行研究会
http://www.kaigairyoko.com
のブログです。

twitterのつぶやき

facebook

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる